煩わしい作業も効率化できる入金消し込みシステムを導入

男女

業務を円滑化

PCを操作するレディ

仕事量を増やしたい場合に使えるものには、ワークフローシステムが挙げられます。このようなシステムを導入すれば、面倒だった作業や業務をスムーズに行なうことができるため、注目が集まっています。

便利なチャット機能

男女

IT企業を始めるとする多くの企業で導入されているツールがグループチャットです。電話や手紙のような手間がかからず、気軽に使用できるため、取引先や別のオフィスの人とも簡単に連絡が取れます。

面倒な作業

男女

どのような会社でも必ず必要になる業務と言えば、経理が挙げられます。取引先とお金のやりとりが生じた際に行なう手続きや、決算を始めとする定例業務など、様々な業務があります。その中でも面倒だと言われる業務には、入金消し込みが挙げられます。

商品やサービスを販売すると売上金が入ってきますが、すぐ口座に振り込まれるわけではないので、売掛金として帳簿に計上します。しかし、売掛金が入金されると、帳簿に計上した部分を消さなければ、帳簿上の計算がおかしくなってしまいます。そのため、売掛金が振り込まれる度に入金消し込みと呼ばれる作業をやらなければなりません。売掛金が発生する回数が少ないのなら、簡単に入金消し込み作業ができますが、大きい企業になると一日に数千回もの売掛金が発生する場合があります。そのため、最近では入金消し込みを簡単にできるシステムを導入している会社が増えています。このシステムは、売掛金の計上を一括で消せる機能がついています。そのため、売掛金の内容や詳細を事前に登録しておけば、自動的に削除されるのです。また、売掛金の内容によっては、口座に振り込まれる期日が変則的な場合がありますが、そのような時には個別消し込み機能が使えます。これ以外にも、ややこしい手数料計算を自動で調整してくれる作業や未回収債権をすぐにチェックできる機能が付いています。作業を効率化させるためにも、このような入金消し込みシステムを導入しましょう。

企業に欠かせないシステム

PCを操作する男性

どのような企業でも大切な従業員の管理は人事管理システムを使って管理しましょう。様々なシステムが出てきているため、給料計算から人事考課までスムーズに管理ができるのです。